和
協調、調和、バランス、丸、人間関係

アポロの社員は、和の精神を教えとして、常に心身鍛練し、愛され親しまれる心身バランスのとれた豊かな人間性と、誰からも認められる人間を目指して努力していきます。
このために、私たちは、NA-303作戦=ニューアポロへの革新を全社一丸となって進めていきます。

経営理念

社員の福祉と社会に貢献

アポロはCS(顧客満足)とES(従業員満足)を徹底追及して行きます。

全員参画の人づくり経営(自己啓発できる社員と全社員による経営)

アポロは、社員の創意工夫を積極的に経営に取り入れ、また、自らが進んで学習し自己成長していける社員を、仕事を通じて育成して行きます。

国境を越えて顧客の利益創造に役立つ企業(世界中の顧客に喜ばれる企業)

アポロは、一地域、国内に止まらず、世界中に顧客の持てるような良い仕事をして、真に喜ばれる会社・役立つ企業を目指して努力して行きます。

沿革

1968年5月 静岡県浜松市植松町にてアポロ電気製作所として創業開始
12月 資本金100万円にて有限会社として法人組織に改める
1972年7月 資本金300万円に増資
1975年10月 資本金450万円に増資
1976年7月 営業、開発部門としてアポロ電子工業株式会社(資本金300万円)を設立
1986年8月 磐田市匂坂中の磐田さぎさか工業団地に敷地を取得し磐田工場を開設
1987年4月 浜松市から磐田市に本社、本社工場を全面的に移転
1989年12月 有限会社アポロ電気製作所とアポロ電子工業株式会社を統合し、新社名をアポロ電気株式会社とする(資本金750万円)
1992年8月 資本金3,000万円に増資
1994年12月 創立25年を迎える
1997年9月 本社南側の敷地を拡張し、南棟を増設
12月 ISO9001を認証取得
1998年8月 販路拡大のため東京都品川区に東京出張所を開設
9月 静岡県から新分野進出等計画に係わる事業計画の認定を受ける
1999年4月 医療機器製造業許可及び医療用具製造の承認を受ける
12月 中小企業創造活動促進法による事業計画の認定を受ける
東京都町田市に東京出張所を移転
2000年1月 中小企業経営革新支援法に基づく経営革新計画の認定を受ける
4月 鉛電池用標準充電器1A・3A・5Aシリーズとマイコン搭載型5A自動充電器の発売開始
2001年8月 環境対策プロジェクト発足
11月 資本金5,000万円に増資
2002年2月 ISO14001を認証取得し環境対策プロジェクト完了とする
11月 中国厦門の協力会社に充電器の委託生産を開始する
2003年12月 平成15年度(財)しずおか産業創造機構理事長表彰経営革新激励表彰を受ける
2005年6月 開発業務の拡大で技術棟を増設
10月 ISO13485の認証取得
2006年4月 鉛電池用標準充電器のラインナップを見直し2.5A・5A・10Aシリーズにて発売開始
5月 事業拡大に伴い浜松市浜北区に浜松工場を開設
2007年9月 京都市山科区のサーチ株式会社を子会社化
2007年10月 販路拡大のため京都市山科区西野離宮町に京都出張所を開設
2010年3月 高容量充電器の経営革新事業の認定を受ける
2011年7月 台湾高雄の協力会社に充電器の委託生産を開始する
2011年11月 事業拡大に伴い京都市山科区大宅神納町に京都工場を開設、同時に京都出張所も同工場に移転
2012年4月 静岡理工科大学と熱処理構造の共同研究を進め技術確立の実現を行う
2013年9月 東京出張所を東京営業所とし東京都新宿区に移転
2013年11月 植物工場用照明装置の研究で平成24年度ものづくり補助金の認定を受ける
2014年8月 ハイブリット車用双方向DC/DCコンバータの研究で平成25年度ものづくり補助金の認定を受ける
2015年5月 東京営業所を閉鎖し、営業業務を磐田本社に集約する
10月 中国厦門の協力会社の委託生産品を台湾高雄の協力会社に集約する
2016年1月 植物工場用照明装置の研究技術を活かし、植物工場として浜松市北区に三方原工場を開設